月のときについて

Home > 月のときについて

月のときについて

太陽よりもひかえめで、みんなを受け入れるような柔らかな光を放つ「月」。
商業の発信地として古くから栄えた、歴史や文化をもつ京都伏見の町の「とき」の流れ。
「月のとき」という店名には、「月」のようなみんなを受け入れる場となりたい、
そしてまた、「とき」を伝える発信源となりたい、という思いを込めております。

所在地
京都市伏見区中油掛町108
TEL /FAX  075-604-6711

月のときの特色
全国に名だたる酒どころである地元伏見の酒かすや、美山の新鮮な卵・牛乳・お米、京野菜を用いたメニューをご提供いたしております。

京都の恵みをご紹介・販売するアンテナショップとして、  店頭にて美山の特産品を販売いたしております。

【観光のご案内】
伏見の観光案内はこちらから 伏見の観光案内

こんな取り組みもしています

  • 龍馬通り商店街の、そして伏見の町の一員として、地域の取り組みにも積極的に参加しております。
    (詳しくは新着情報をご参照ください)
  • 伏見観光協会とタイアップ。伏見の歴史や情報をスタッフが学び、伏見の町の良さをお伝えできるよう努めております。
    2011年4月に、食を通じた伏見の活性化を目的として、食のこだわりグルメガイドブック「京・伏見でご馳走」を発行致しました。
  • 若者の雇用をサポートする「一般社団法人ムーンライト」の活動に協力しています。

 

月のとき入り口

キッチンスペース

2階スペース